FC2ブログ

あんずの丘(農産物直売所あぷりぃ)スタッフブログ

熊本県山鹿市菊鹿町にある山鹿市特産工芸村「あんずの丘」(農産物直売所あぷりぃ)のスタッフがお届けするブログです。「あんず姫」「マロン王子」「ドン・チョウジャ」のキャラたちも登場!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

今年の「あんずの丘マロンフェスタ」は9月23日(秋分の日)開催です!!!

山鹿灯籠まつりも無事(?)に終わり、いよいよ秋が近づいてきました。
秋といえば、熊本一の生産量を誇る山鹿市の栗の季節です。
(全国では4位らしい・・・)

栗といえば、「あんずの丘マロンフェスタ」です。

今年で3回目を迎える
第3回あんずの丘マロンフェスタ
は、
平成23年9月23日(金・秋分の日)
に開催します。

↓下写真は昨年の様子です。(ちなみに雨が少し降りました・・・)
DSC_0053_20110820133009.jpg DSC_0027.jpg
DSC_0072_20110820133010.jpg DSC_0076.jpg

内容は、

★旬のグルメマーケット(屋台村)
★フリーマーケット&工芸展
★「栗」「あんず」新商品試食販売会
★マロンゲームラリー抽選会
★蒸し栗・焼き栗試食会
★栗のつかみどり(有料) 
★バーベキュー(有料)
★棚田シャトルバス(有料) などなど


中でも、「栗」を使った新商品の試食販売会は、あんずの丘以外の物産館や店舗も参加し、グレードアップします。
試食だけでもお腹一杯になりますので、選んで食べましょう。

詳しい情報は、順次公式サイトで紹介いたします。
熊本市内からのバスツアーや、山鹿市中心部からのシャトルバスも運行予定。
おたのしみにー

スポンサーサイト

PageTop

モニュメント設置工事のため、人工草スベリは、現在使用できません。

あんずの丘でも人気の遊び場、「人工芝スベリ」が、現在(本日より)モニュメント設置工事のため使用できません。
大変ご迷惑をおかけいたします。

期間は、平成23年12月15日まで。


結構長いです。
(その他の遊具は遊べますよ
それだけ大がかりなモニュメントを建設しているんです。

モニュメント工事

何のモニュメントかというと・・・隈部親永(くまべちかなが)さんの像です。
(誰?)

ちょっと説明すると、山鹿市菊鹿町にある国指定史跡「隈部氏館跡」の城主で、戦国時代に活躍した豪族です。
難しいので、詳しくは文化遺産オンラインというサイトで勉強してください。

結構な大きさの像で、かなり迫力がありそう・・・。
ともかく、早く工事が終わるといいですね。
しばらくの間、お待ちください。

PageTop

きくか夏まつりは大盛況!

今年の夏まつりはとても盛り上がりました。
きくか夏まつり1

特にキャラクターショー(ゴーカイジャー)は、子どもたちに大人気。
サイン会や記念撮影などもあり、笑顔がいっぱいでした。

きくか夏まつり2

夏まつりの楽しみといえば屋台ですよね。
どうしてこんなにおいしいんでしょう。
不思議です。

きくか夏まつり3

あんずの丘では、チャリティーバザーや おもちゃ、おやつ工房「杏」のスイーツを販売しました。
夏まつりならではの商品もいろいろ。

最後は、花火に大歓声。(写真は撮れませんでした
関係者の皆さんお疲れ様でした。


次は、8月15日(月)と16日(火)の「山鹿灯籠まつり」に出店します!
皆さん、ぜひお立ち寄りくださいね~。

PageTop

あんずの丘おやつ工房「杏」の営業時間が変わります。

最近では、焼き立て「もんて・ちーず」(チーズケーキ)が好評のおやつ工房「杏」からのお知らせです。

来週、8月10日(水)より、営業時間が変わり、

10時~17時

となります。
これまでは、18時までの営業でした。(始まりは変わりません)

終了時間が、農産物直売所「あぷりぃ」と同じ17時になります。
ちょっと不便になりますが、何卒ご理解のほどよろしくお願いします。

その分、さらに充実したサービスをお届けいたします!!!

PageTop

新商品「あんず生ジャム」は、物産館+旅館+洋菓子店の結晶です。

今年収穫した「あんずジャム」の紹介は、ちょっと前にしましたね。

そのジャムとは違う、新たなジャムがついに完成しました。

その名も「あんず生ジャム」です。
「生」という文字が付いただけですが・・・違うんです。

使用している”あんず”は、もちろん「あんずの丘」で今年収穫したもの。
さらに、大きさや色など、選別し、良いものを使用しています。
添加物等は一切入っていません。


開発及び加工している場所は、菊鹿温泉旅館「花富亭」
旅館の調理長自ら開発されました。


パッケージを考え、そしてや販売拠点となるのがおやつ工房「杏」です。
生ジャムはパンに付けるだけでなく、スイーツとして味わっていただきます。


要冷蔵での販売で、賞味期限も3週間ほど。
トロリとした、フレッシュ感たっぷりのジャムです。
あんずのおいしさである酸味も、すっきりとしています。

とはいえ、食べてみないと分かりませんよね。

あんず生ジャム2

1個(160g)で、420円です。

さらには、この生ジャムを使ったスイーツも開発中です。
おたのしみに~。

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。